LINEのID交換はナンパ候補をいくらでもキープできる魔法!

ストナンや合コン、出会い系やソーシャルメディアなど、女の子をナンパする方法は色々とあります。

ナンパ師の男性はそれぞれ自分にマッチしたツールを選んでナンパに励んでいる訳ですが、ここ数年は明らかに多くのデキるナンパ師さん達が「ある共通の行動」をしているように感じます。

その共通の行動とは、ターゲット女性とLINEのID交換です!

LINEのID交換の重要性についてハッキリ言って、上記で述べたナンパツールを利用してターゲット女性からLINEのIDを聞き出さない人は、ナンパ師として失格であると私は皆様に強く言いたい。

LINEのID交換というは、ナンパの世界では「魔法」なんです!

そして、この魔法を使えばナンパ効率は桁違いに上がりますし、何時でも好きな時にセックスが楽しめるチャンスを確実に増やしてくれます。

つまり、ナンパ師として最高の環境を作り出すことが出来るのです。

その理由をお話しましょう。LINEのID交換というのは女性達と「プチ友達状態」をキープ出来る「魔法」であるからです。

たとえ、その場ではナンパが失敗となってしまったとしてもLINEID交換をしておけば、何時でもリアルタイムチャットで会話できる訳ですし女性によっては無料通話アプリで喋ることも出来ます。

LINEIDをキープした女性達と定期的に気軽な会話をしておけば、まず相手から忘れられる事もありませんので、ナンパ候補を常にキープすることが可能となる・・・これがナンパにおけるLINEID交換における「魔法」の正体なのです。

もちろん、しつこく「やらせろ!」「会いたい」「何時会えるの?」などのチャットや着信すれば、相手から即ブロックされてしまいますので絶対にNGです!

私の経験上、ID交換した女性に対してはまず紳士的に接して共通の趣味などを見つけて会話を盛り上げるのがリアル出会いに繋がりやすかったです!

一度はナンパ失敗している女性ですから、とにかく紳士的に接して女性からの信頼を得るという目的を第一にチャットや無料通話を楽しむのがコツです。

お気に入りのナンパ手法を利用してターゲット女性に対してLINEID交換をしていなかった男性は直ぐにでも考えを改めて、ID交換を必ず行うナンパを実践してみて下さい。

確実にあなたのナンパ成績が跳ね上がる筈です!

上原多香子の鬼畜過ぎる不倫は日本人女達の貞操観念を崩壊させる!

自分の不倫が原因でパートナーを自殺へと導く・・・

皆さんは上原多香子が犯した余りにも残酷&鬼畜な不倫行為についてどのような考えをお持ちでしょうか!?

正直言って、私はSPEEDという日本のトップアーティストまで上り詰めが有名グループの主要メンバーが、世間に余りにもインパクトのある「不貞行為」を脳裏に植え付けた責任は余りにも重いと私は思います。

上原多香子の旦那さんというのはJ-POPユニット「ET-KING」のメンバーの「TENN」だったというのは余りにも有名な話です。

そんなTENN氏は2014年の9月25日に「自殺」を図り、この世を去ってしまったのです。

私もこのニュースは今でも覚えています。号泣しながら悲しそうにTENN氏の遺影写真を抱える姿には、日本中の人々が悲しみました。

若くして旦那に先立たれる・・・しかも死因が自殺というのは、ショックが余りにも大き過ぎますからね。

しかし・・・

TENN氏が家族に残した遺書には、とんでもない内容が書かれていたのです。

なんと、TENN氏が自殺を決意した原因こそが、上原多香子と中国出身の俳優である阿部力の不倫だったと・・・

上原多香子さんがTENN氏の葬儀で見せたあの悲しみに満ち溢れた顔は何だったのでしょうか?自らの不貞行為によって旦那を死へと導いたのにも関わらず、まるで平然としっかりとした妻を演じた上原多香子・・・

まあ、所詮は芸能人なんてのは自分が幸せになれば、他人の人生なんて気にしない人種なのかもしれませんね。

この鬼畜過ぎる不倫スキャンダルなのですが、このニュースが与える社会的なインパクトというのは半端なレベルでは無いと確信しています!

恐らく、これから日本人女性達の貞操観念は間違いなく崩壊レベルとなると思います。

理由は余りにも簡単であり、有名人や芸能人の行為が与える影響というのは半端では無いレベルであるからです!中には、上原多香子の鬼畜な行為を真似する女性だって現れるかもしれません。

それくらい今回の不倫スキャンダルは余りにも「爆弾」過ぎました・・・是非とも我々のような男達は今後の女性達の動きに注目すべきです!

そして、ナンパしたり口説きたいと思った女性がの貞操観念をじっくりと確認するべきです!彼女や奥さんにしてから、相手がとんでもないレベルのヤリマン女だったなんて知ったら洒落になりませんからね。

社会人で彼女が出来ない男性は「女性が好む趣味を作る」のが最短の近道!

最短で彼女を作る方法社会人となってから急激に彼女が出来なくなったと嘆く男性はかなり多いです。

特に、仕事に慣れて来た20代後半~30代前半でこのような悩みに直面する社会人男性は非常に多い!

まあ、学生時代とは異なり社会人ともなれば余程の人脈が必要である仕事をしていない限りは人間関係の輪というのは嫌でも狭まってくるし、新しい友人や知り合いが出来ることの方が珍しいのが普通であろう。

しかし、20代後半や30代ともなれば嫌でも「結婚」という2文字が頭に浮かぶ年頃であるし、彼女がいないという状態であれば結婚なんてのは遠い未来となってしまうので彼女を作ることに対して敏感にならざるを得ない。

今回は、そんな彼女作りに焦っている社会人男性にアドバイスを送りたい。

手っ取り早く彼女を作るのであれば「趣味」を作るべきである!

しかも、我々のような男達が好むような趣味ではない!

一般的な女性達が好むような趣味を1つで良いので作ってみて欲しいのだ。

たとえば、華道・ボランティア・料理・カラオケなんてどうでしょうか?

これらの趣味というのは多くの女性が楽しんでいますし、中には習い事として本格的に楽しんでいる女性も多いです。

しかも!

このような趣味は男性が行ってもオタク的な要素がなく、モテる趣味として女性から認識されているのです!ですので、このような趣味を1つ決めて徹底的に「楽しい」と感じるまで続けて欲しいのです。

注意点としては、このような趣味に手を出したとしても自分自身がその趣味を心から好きになれない場合は全く意味がありません!

何故なら、自分が本当に没頭できる趣味でなくては「趣味友」の女性を作ることは出来ないからです。

ここで「趣味友」という言葉が途上しましたが、そうなんです!

今回の彼女作りの方法の本質というのは「趣味友」を作ることにあるのです!

私の経験上、趣味から繋がる男女の繋がりというのは極めて恋愛に発展しやすいというデータがあります。

私の友人や知人の中にも趣味で彼氏彼女の関係となった男女は恐ろしいほど多く存在しますし、そこから結婚に繋がったカップルも本当に多いです。

趣味友を見つけるのはネット社会となった現在においては本当に簡単ですからね!

FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを使えば直ぐに共通の趣味を持つ異性が見つかりますし、出会い系やマッチングアプリなどでも「趣味友」専門のコーナーやコミュニティーが用意されていますからね。

リアルに行動できる男性なら楽しんでいる趣味を本格的にする為に「習い事」をするのも賢い選択だと思います。

女性が好む趣味であれば習い事でも多くの女性が通っている可能性が高いですからね!

まあ、極端に女性ばかりが通っている習い事ですと逆に出会いに発展しずらいというデメリットもありますので注意が必要ですが。

とにかく、趣味友という関係は極めて恋愛関係に発展しやすいという特徴がありますので、社会人になってら彼女が見つからないと嘆いている方は女性ウケする趣味を作ってみてはどうでしょうか!?

出会い系が遂に終焉!遂に援助交際とパパ活女だらけの魔界となった!

出会い系アプリやサイトをお使いの皆様、調子はどうでしょうか?

恐らく、男性の殆どがアポ率の低下に悩まされ、不満を抱えていると思います。

ハッキリ言って、現状の出会い系は腐っていると言わざるを得ません。

何故かと言えば、最近の出会い系には大量のパパ活女が流入しており、以前から多かった援助交際目的の女達が更に調子に乗り始めるという最悪の悪循環となっているかです・・・

ハッキリ言って、今の出会い系サイトや出会いアプリは「金目的」の女ばかり!

こちらが丁寧にメールを書いて送っても

「割り切りできます?」

「パパ探しています」

このような返事が返ってくる確率が本当に高いのです。

パパ活している女達に関しては明らかに出会い系を勘違いしている女がおり、まるでナンパや口説くのが「汚い男」であるかのような言動をしたりしますからね・・・

私は出会い系を利用するのを暫くは控えようと思います。

そして、純粋な出会いがまだまだ楽しめるサービスとしてツーショットダイヤルをメインとしようと思います。

現状のツーショットダイヤル出会い系に比べてまだまだタダマンできる女性が多いですからね!

更に、最近は店舗型のテレクラの有名店である「リンリンハウス」が大規模な店舗縮小を行っているのも、ツーショットダイヤルにとっては追い風な状況となっています。

リンリンハウスを利用していた女性が、次の出会いの場としてツーショットダイヤルを選ぶのは間違いない流れですからね。

出会いの場というのは時代の流れにやブームの変化などに合わせて劇的に変化します。

パパ活という新しい援助交際ブームが起きてしまった以上、タダマンを狙うナンパ師は素直にそのブームを認め、自ら新しい狩場を見つけて自分のものにするのが出来るナンパ師だと私は感じます。

ですので、私は売春女ばかりの出会い系から身を引きます。

そして、まだ美味しい思いができるツーショットダイヤルに乗り換える。

是非とも、現状の出会い系でパパ活女や援助交際女に嫌気が指している男性は、ツーショットダイヤルをメインの狩場として利用してみてはどうでしょうか?

ナンパテクニックに勝る「出会いの場の的確な見極め!」

普段からナンパを生甲斐にしている知り合いや友達達、出会いオフなどで出会ったナンパ師さん達と飲んでいると、決まってナンパ自慢大会が始まります。

「俺のナンパトークのやり方は一味違う」

「テクニックの豊富さだったら俺は負けない」

「女を口説くコツはトークテクニックのみ!」

とにかく皆が揃ってナンパテクニックの自慢をするのがお決まりであり、私はその会話に適度な相槌を打つと同時に少し違和感を覚えるのが日課となっています・・・

個人的にはナンパというのはテクニックに頼る時代ではないのでは?と実は自分の中では強く感じているんですよね。

もちろん、それを彼らの前でも口にしますが、直ぐに

「またお前はその話かよ」

「いやいや、結局はテクニックでしょ!」

と全否定されてしまうから、実はストレスが溜まっているんですよね。

私の考え方はこうです。今の時代において女性を口説く場所というのはネットやスマホを含めれば無限にあると言えます。

出会い系なんてのはその代表格ですし、ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアだって、結局は出会いの場として利用できますからね。

私が重要視するのはナンパテクニックではなく、出会いの場所を的確に見極める力であると確信しています!

自分のナンパスタイルに合わせた出会いの場を積極的に利用する事により、人それぞれが違うナンパツールを使って女性を口説けば、それぞれが出会いを量産できる。これが今時のナンパにおいて重要なスキルだと思うのです。

ナンパをテクニックに頼る時代ってのはもう古いんですよ!だって、テクニックが通用する場合ってのは、そのテクニックを好む女性がたまたまターゲットとなった場合の話だけですからね。当然、そのテクニックを嫌う女性には通用しませんからね。

結局、女性と言うのは個々によって性格から態度まで全く違う訳ですから、1つのナンパテクニックを極めた所で結局は数打てば当たるのナンパ手法に過ぎないんですよ。

それよりは、自分が有利に女性を口説ける出会いの場を的確に選んで、自分が得意な性格の子をピンポイントで口説いた方が結果的にはアポを量産できるのです。

それなのに、昔からナンパ狂いの知人や友人達は、まるで洗脳でもされたようにナンパテクニックだけを追求してしまう。

なんて時代遅れな男たちなのか・・・

私はそう感じてしまうのです。

だからこそ、皆様には今時のナンパ事情にマッチした方法を選んで欲しいと願っています。まずは、自分がどのような口説き方が上手いのかを客観的に捉えるべき。

対面式で口説くのが得意なのであれば合コンや街コン、飲み会などで女性を口説くべきでしょう。

正統派にストリートナンパも有効な手段だと思います。

逆に、対面式では無く文字や電話で口説きたいのであれば出会い系アプリやツーショットダイヤルを使うべきです。ソーシャルメディアなどもこちらの部類になるでしょう。

是非ともナンパを小手先のテクニックが全てなどという考え方はしないで下さい!

それは全くの幻想であり何の意味もない事なのですから。

トランプ大統領発の日本エロ女バブル来るか!?

遂に世界一の大国であるアメリカのトップである大統領に就任したドナルド・J・トランプだが、皆さんは恐らくネガティブでマイナスなイメージを感じいるのではないだろうか?

確かに、彼のアメリカ以外の国に対する挑発的かつ差別的な言動というのは強烈であり、分かりやすく悪の象徴的なキャラクターなので多くの人間にとって「嫌なイメージ」となるのは当然である。

しかし、彼は間違いなくヒラリー・クリントンを大差で負かした男なのだ。選んだんのはアメリカの一般市民である。つまり、アメリカン人達の本音がドナルド・トランプを選んだという事になるのだ。

とにかくメディアに叩かれまくりアンチが多いトランプ大統領だが、実は前大統領であるバラク・オバマよりは圧倒的に大統領としての仕事を果たすと言われているのをあなたはご存知であろうか?

オバマというのは大統領であった時に民主党のトップであった。しかし、多くの法案を可決する議会というのは民主党ではなく共和党であった。

つまり、新しい法案を通そうとしても議会で否決されてしまう「ねじれ国会」の状況がアメリカでは長く続いていたのだ。

しかし、ドナルド・トランプは違う。彼は共和党だし議員の多くも共和党が多いという状況だからだ。更に、アメリカの法律を決める時において、絶対に重要になる「裁判所」までもが、現在のアメリカは共和党寄りとなっているのだ。

つまり、トランプは新しい法律を作ろうと思えば、何でも自由に決められるという事になる。

私は間違いなくアメリカという国はバブル化するだろう。アメリカの経済にとってマイナス材料になるような点というのは全て新しい法律によって消える。そうなれば、アメリカの株式市場には多額の資金が流れ込み、更にダウやナスダックなどの指数は上がって行く。

ここで注目すべき点は日本の立場だ。確かにトランプは日本を軽視しているし自動車産業などにはある程度のダメージもあるだろう。しかし、アメリカ株と日本株というのは昔から見事にリンクしている。

簡単に言えば、アメリカ株が上がれば日本株はある程度あがるのだ。アメリカ株が暴落すれば、日本株はどんなに好調であっても比例して暴落する。この関係性はどんなに日本の景気が良くても悪くても確実に連動し続けて来たのだ。

ドナルド・トランプは元々は金持ちの家系ではあるが、成り上がりタイプの経営者だ。頭も切れるというし、会社が儲かる仕組みや財政などについても詳しいので、恐らくはアメリカ経済が確実にバブル化する流れをリードする。

そうなれば、日本という国も後追いでバブル景気となる。私はこのような関係性が、こんごの日本の経済を支えるのではと確信している。

遂にエロ女バブルが日本に戻って来るという事だ。1980年~89年までの狂ったバブルが再現される。私が常に願っている事をドナルド・J・トランプは再現してくれるのでは?ネガティブな批評が多いトランプ大統領であるが、私は間違いなく応援する。

 

 

確実に上がっている日本の景気!バブルに乗り遅れた者の未来は悲惨だぞ!

まさかのドナルド・トランプ大統領の当選。

アメリカ国民は保守よりも劇的な変化を望んでいたという結末だったが、皆さんはこのアメリカ大統領選をしっかりと注目しただろうか?

私はここ最近の日米の政治や経済動向に注目していない者は、今後の未来を生きて行く上でかなり悲惨な日常生活を送る事になるのではと懸念している。

ドナルド・トランプとクリントンの選挙戦というのは、結果が出る前は圧倒的にクリントンが優勢とされていた。

これはアメリカの株式市場にも大きく影響し、選挙当日の株式市場は大荒れとなった。最初はクリントンが優勢となっており、その時間に開いていた日経平均株価は200円程度値上がりしていた。この値動きからクリントンが勝つと市場は予想していたのだ。

しかし・・・

アメリカの州でも重要な投票となっていたフロリダ州でクリントンが劣勢とニュースで伝わると、一気に日本株は暴落を始めて、何と一気にマイナス1000円もの大暴落を演じたのだ。日経平均株価が1000円以上の暴落を演じるというのはハッキリ言ってサブプライムやリーマンショックレベルの大暴落だ。

そして、まさかのトランプの大勝利・・・

この日の日経平均株価は大暴落で終了となってしまった。恐らく株式トレードをしている人は大損を食らった人も多いのではないだろうか?

しかし、このままでは終わらなかった。何と、そこからアメリカ株は一気に上昇を演じ始めた!クリントンが勝てばアメリカ株は上がると思われていたが、実はトランプこそがアメリカ経済の今後の発展の起爆剤だったのだ・・・

前日に1000円もの暴落を見せていた日経平均株価は何と1000円の急騰!しかも、前日の株価を上回る値上がりを見せた。

アメリカのダウやナスダックもグイグイと上昇を見せ、何とダウに関しては史上最高値を更新した。

気が付いたら16000円程度であった日経平均株価だが、何と19500円程度となっている。これは明らかに劇的な値動きであり、私は日本がバブルへの入口へと来たのではと確信している。

私はこの経済の値動きに見事に乗って、手持ちの資産3000万円を投資し何と1億円の利益を手にした。しかし、まだまだ株式の利益確定は考えていない。何故なら、2017年は極めて株式市場が楽観視される事になり、更なる値上がりを演じると確信しているからだ。

ハッキリ言って、今投資をしていない人間は今後「金」の面では「負け犬」の人生を送ることになるだろう。

株価が上がれば物価はあがる。日本銀行は大幅な金融政策を引き続き続ける。これが何を意味しているかと言えば、日本円の価値はどんどん低くなり、それは物価高に直結する。つまり、日本円で貯金するという行為は、資産を減らすという行為になってしまう。

日本円を持っているだけで実は損している状況。この経済メカニズムを理解していない者はバブルに乗る事は出来ないのだ。

少し前にも述べたと思うが、日本では景気が上がると女達がエロ化すると言い続けて来ている。金が世の中に出回れば開放的な女が増えて、エロい女が増えるのは80年代のバブルでも証明されている。

つまり、金を持っていれば女とガンガンセックスできる状況が訪れるのだ。この状況において投資を行っていない男はどうなるのだろうか・・・間違いなく、女達からは見向きもされず負け犬の人生となるのだ。

女とセックスできない人生なんて男としては終わっている。だからこそ私は経済の動向に常に目を向けるべきだと言っているのだ。

バブルに乗り遅れた男の未来は確実に悲惨なものとなる。是非とも世界の経済に興味を持ってもらいたい。それは確実にエロ女との出会いに直結するのだから。

年々ハイリリスクになる出会い系での割り切りや援助交際について

スマホネットユーザーの増加Facebook、Twitter、LINEやカカオトーク、各種スマホゲームアプリなど、スマホが爆発的に普及してから、明らかに人と人とが気軽に繋がることのできるネットコミュニケーション市場は拡大しています。

私の感覚からいいますと、スマホが普及してネットを気軽に利用するようになった人口数はガラケー時代の10倍程度です。

やはり、パケホーダイに加入しなくてはならなかった規制ガチガチのガラケー時代とは比べ物にならないくらいネット環境が整った影響でしょう。

そして、元々のネット出会いサービスの主役であった出会い系サイトや出会い系アプリはある意味で衰退しています。

何故かと言えば、後発組のソーシャルメディアやゲームアプリなどは比較的ピュアで正統派な出会いを楽しむユーザーが多いからです。中には割り切りや援助交際に使われているサービスもありますが、全体の割合から言えば微々たるものです。

逆に出会い系や出会いアプリはカオス状態となっています。普通の恋活や婚活を求める男女は皆無。逆に、割り切りや援助交際を求める男女の巣窟と化しています。

この状況は極めてネガティブに捉えるべき。何故ならば、最近の警察は出会い系での売春行為にかなり厳しいからです。

たしかにソーシャルメディアなどもサイバーポリスは監視対象としていますが、簡単に検挙する人間を確保したければ、割り切りや援助交際の巣窟となっている出会い系や出会いアプリをガサ入れしたほうが効率的ですからね。

また、最近では警察が割り切りや援助交際している女性達を検挙する為にオトリ捜査をしているなんて噂も聞きますから。

更に、巨大ソーシャルメディアなどは海外の巨大資本が運営しているので、警察も割り切りや援助交際などの小さな事件で海外の法人に情報開示することを面倒がって嫌うのでは?とも感じます。

半面、国内運営が殆どの出会い系や出会いアプリなら直ぐにプロバイダから情報を引き出せますから、出会い系で売春や買春する男女を検挙するにはもってこいの環境だと言えます。

このようにリスクが年々高まってる出会い系や出会いアプリの現状。かなり上手く使いこなさないと美味しい出会いが確保しずらくなっていると思います。

最後に言っておきます。現状の出会い系サイトや出会いアプリで割り切りや援助交際するのは極めてハイリスクな行為です。私は絶対にするべきではないと思いますし、これから更に警察による締め付けは厳しくなると予測しています。

平凡な日常生活と退屈な毎日から開放してくれる娯楽の存在

死ぬまで果てしなく続く日常生活。

これは人間であれば誰もが経験する事ですし、殆どの方が平凡で飽きを感じる日常生活を送っていると思います。

そんな平凡でつまらない日常生活ですが、誰もがそんな退屈な生活ばかりに甘んじている訳ではありません。

現代人には娯楽があるからです。

アミューズメント施設やテレビや映画、友達や恋人とのコミュニケーションやデート、飲み会や趣味の世界などなど。

娯楽とは人によって様々ですが、一般的には上記のような事が該当します。

また、男にとっては性欲解消が娯楽となる場合も多いですよね?

キャバクラやガールズバー、ピンサロやヘルスからソープランドなどの風俗まで。特に日本は性サービスが充実していますから男としての娯楽には困りません。

私は退屈でつまらない日常生活があからこそ、これらの娯楽の楽しさや刺激を感じることが出来るのだと実は考えています。

そして、精神的に充実しており幸せを感じるには、日常生活と娯楽との明確な線引きを各個人がする必要があると私は思っています。

楽しさばかりを追い続ければ、確実に精神的な破綻を起こすと思います。

これは金も名誉もある有名人や芸能人、海外セレブが精神的に病んだり時には自殺してしまうことも無関係ではないと思います。

やはり日常生活は平凡に、娯楽は定期的に程ほどにが人間が生きていく上で大切なバランスだと確信しています。

今回は真面目な話になってしまいましたが、我々が常に追い求めるナンパやセフレゲットなども数多くの失敗があるからこそ成功した時の刺激に繋がるのだと思います。

LINEとカカオIDとちらを交換する?出会いのスタイルに合わせて選ぶべき!

LINEやカカオトークなどのメッセージングアプリはスマホ全盛時代となった現代社会においては電子メールに変わる人々の連絡手段の重要なインフラとなりました。

これらのメッセージングアプリは基本的にお互いがIDを交換することにより、友達関係になり無料音声通話やリアルタイムチャットが楽しめます。

恐らく、多くの方が見ず知らずの他人との交流ツールに利用しているというよりは、仲の良い友達やリアルでの知り合いとの連絡手段としてLINEやカカオトークを利用してると思います。

しかし、LINEやカカオトークは出会いのキッカケとしても重要な役割を果たしてくれます。それこそドコモ・AU・ソフトバンクのキャリアメール時代より気軽な連絡先の交換手段としてメッセージングアプリは人々から認識され、結果的にスマホを利用した人々の出会いというのはかなり開けた世界になったと私は確信しています。

2016年現在はID交換が「恋人探し、大人の出会い、セフレ、友達探し、趣味友の繋がり」などありとあらゆる人と人との繋がりのキッカケになる時代です。

その上で皆さんには知っておくべきLINEとカカオトークのID交換の微妙なニュアンスの違いがあります。どちらも同じようなメッセージングアプリであり、どちらも韓国企業が開発したシステムです。

基本的にはリアルタイムチャットと無料音声通話が使えて、どちらも本当に似ているメッセージングアプリなのですが、男と女の出会いという側面で見た場合はLINEとカカオトークのID交換というのは実は使い分ける必要があります。

具体的にはLINEというのは極めてピュアな出会いを目的とする場合に異性と交換するべきです。逆にカカオトークはセックスやエッチな関係を前提としたオスとメスの出会いに強いIDだと認識するべきです。

理由としては日本におけるLINEアプリのシェアが挙げられます。もはや日本人にとってLINEというアプリは国民的なメッセージングアプリとなりました。恐らく、スマホユーザーの9割はLINEをインストールしていますしアクティブ率も100%に近い。

スマホ=LINEという構図が完全に定着しているのです。

このようなツールを利用してエッチな出会いを行うことに抵抗感を持つ男女が多いのです。逆に飲み友達、友達募集、趣味友探しなどなら後ろめたい気持ちが無く出会いを楽しめますからLINEID交換を気軽にしてくれるケースが多い。

しかし、セックスを目的とする男と女の出会いにおいてLINEを使うのは少し抵抗があるという男女が極めて多い。だからこそ、使い分けとしてカカオトークをエッチな出会いのキッカケとしてID交換希望する男女が多いのです。

ですので、皆さんも自分の出会い目的にマッチしたメッセージングアプリのID交換を的確に選び、異性との交流を楽しんでほしいと思います。