ナンパテクニックに勝る「出会いの場の的確な見極め!」

普段からナンパを生甲斐にしている知り合いや友達達、出会いオフなどで出会ったナンパ師さん達と飲んでいると、決まってナンパ自慢大会が始まります。

「俺のナンパトークのやり方は一味違う」

「テクニックの豊富さだったら俺は負けない」

「女を口説くコツはトークテクニックのみ!」

とにかく皆が揃ってナンパテクニックの自慢をするのがお決まりであり、私はその会話に適度な相槌を打つと同時に少し違和感を覚えるのが日課となっています・・・

個人的にはナンパというのはテクニックに頼る時代ではないのでは?と実は自分の中では強く感じているんですよね。

もちろん、それを彼らの前でも口にしますが、直ぐに

「またお前はその話かよ」

「いやいや、結局はテクニックでしょ!」

と全否定されてしまうから、実はストレスが溜まっているんですよね。

私の考え方はこうです。今の時代において女性を口説く場所というのはネットやスマホを含めれば無限にあると言えます。

出会い系なんてのはその代表格ですし、ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアだって、結局は出会いの場として利用できますからね。

私が重要視するのはナンパテクニックではなく、出会いの場所を的確に見極める力であると確信しています!

自分のナンパスタイルに合わせた出会いの場を積極的に利用する事により、人それぞれが違うナンパツールを使って女性を口説けば、それぞれが出会いを量産できる。これが今時のナンパにおいて重要なスキルだと思うのです。

ナンパをテクニックに頼る時代ってのはもう古いんですよ!だって、テクニックが通用する場合ってのは、そのテクニックを好む女性がたまたまターゲットとなった場合の話だけですからね。当然、そのテクニックを嫌う女性には通用しませんからね。

結局、女性と言うのは個々によって性格から態度まで全く違う訳ですから、1つのナンパテクニックを極めた所で結局は数打てば当たるのナンパ手法に過ぎないんですよ。

それよりは、自分が有利に女性を口説ける出会いの場を的確に選んで、自分が得意な性格の子をピンポイントで口説いた方が結果的にはアポを量産できるのです。

それなのに、昔からナンパ狂いの知人や友人達は、まるで洗脳でもされたようにナンパテクニックだけを追求してしまう。

なんて時代遅れな男たちなのか・・・

私はそう感じてしまうのです。

だからこそ、皆様には今時のナンパ事情にマッチした方法を選んで欲しいと願っています。まずは、自分がどのような口説き方が上手いのかを客観的に捉えるべき。

対面式で口説くのが得意なのであれば合コンや街コン、飲み会などで女性を口説くべきでしょう。

正統派にストリートナンパも有効な手段だと思います。

逆に、対面式では無く文字や電話で口説きたいのであれば出会い系アプリやツーショットダイヤルを使うべきです。ソーシャルメディアなどもこちらの部類になるでしょう。

是非ともナンパを小手先のテクニックが全てなどという考え方はしないで下さい!

それは全くの幻想であり何の意味もない事なのですから。

トランプ大統領発の日本エロ女バブル来るか!?

遂に世界一の大国であるアメリカのトップである大統領に就任したドナルド・J・トランプだが、皆さんは恐らくネガティブでマイナスなイメージを感じいるのではないだろうか?

確かに、彼のアメリカ以外の国に対する挑発的かつ差別的な言動というのは強烈であり、分かりやすく悪の象徴的なキャラクターなので多くの人間にとって「嫌なイメージ」となるのは当然である。

しかし、彼は間違いなくヒラリー・クリントンを大差で負かした男なのだ。選んだんのはアメリカの一般市民である。つまり、アメリカン人達の本音がドナルド・トランプを選んだという事になるのだ。

とにかくメディアに叩かれまくりアンチが多いトランプ大統領だが、実は前大統領であるバラク・オバマよりは圧倒的に大統領としての仕事を果たすと言われているのをあなたはご存知であろうか?

オバマというのは大統領であった時に民主党のトップであった。しかし、多くの法案を可決する議会というのは民主党ではなく共和党であった。

つまり、新しい法案を通そうとしても議会で否決されてしまう「ねじれ国会」の状況がアメリカでは長く続いていたのだ。

しかし、ドナルド・トランプは違う。彼は共和党だし議員の多くも共和党が多いという状況だからだ。更に、アメリカの法律を決める時において、絶対に重要になる「裁判所」までもが、現在のアメリカは共和党寄りとなっているのだ。

つまり、トランプは新しい法律を作ろうと思えば、何でも自由に決められるという事になる。

私は間違いなくアメリカという国はバブル化するだろう。アメリカの経済にとってマイナス材料になるような点というのは全て新しい法律によって消える。そうなれば、アメリカの株式市場には多額の資金が流れ込み、更にダウやナスダックなどの指数は上がって行く。

ここで注目すべき点は日本の立場だ。確かにトランプは日本を軽視しているし自動車産業などにはある程度のダメージもあるだろう。しかし、アメリカ株と日本株というのは昔から見事にリンクしている。

簡単に言えば、アメリカ株が上がれば日本株はある程度あがるのだ。アメリカ株が暴落すれば、日本株はどんなに好調であっても比例して暴落する。この関係性はどんなに日本の景気が良くても悪くても確実に連動し続けて来たのだ。

ドナルド・トランプは元々は金持ちの家系ではあるが、成り上がりタイプの経営者だ。頭も切れるというし、会社が儲かる仕組みや財政などについても詳しいので、恐らくはアメリカ経済が確実にバブル化する流れをリードする。

そうなれば、日本という国も後追いでバブル景気となる。私はこのような関係性が、こんごの日本の経済を支えるのではと確信している。

遂にエロ女バブルが日本に戻って来るという事だ。1980年~89年までの狂ったバブルが再現される。私が常に願っている事をドナルド・J・トランプは再現してくれるのでは?ネガティブな批評が多いトランプ大統領であるが、私は間違いなく応援する。

 

 

確実に上がっている日本の景気!バブルに乗り遅れた者の未来は悲惨だぞ!

まさかのドナルド・トランプ大統領の当選。

アメリカ国民は保守よりも劇的な変化を望んでいたという結末だったが、皆さんはこのアメリカ大統領選をしっかりと注目しただろうか?

私はここ最近の日米の政治や経済動向に注目していない者は、今後の未来を生きて行く上でかなり悲惨な日常生活を送る事になるのではと懸念している。

ドナルド・トランプとクリントンの選挙戦というのは、結果が出る前は圧倒的にクリントンが優勢とされていた。

これはアメリカの株式市場にも大きく影響し、選挙当日の株式市場は大荒れとなった。最初はクリントンが優勢となっており、その時間に開いていた日経平均株価は200円程度値上がりしていた。この値動きからクリントンが勝つと市場は予想していたのだ。

しかし・・・

アメリカの州でも重要な投票となっていたフロリダ州でクリントンが劣勢とニュースで伝わると、一気に日本株は暴落を始めて、何と一気にマイナス1000円もの大暴落を演じたのだ。日経平均株価が1000円以上の暴落を演じるというのはハッキリ言ってサブプライムやリーマンショックレベルの大暴落だ。

そして、まさかのトランプの大勝利・・・

この日の日経平均株価は大暴落で終了となってしまった。恐らく株式トレードをしている人は大損を食らった人も多いのではないだろうか?

しかし、このままでは終わらなかった。何と、そこからアメリカ株は一気に上昇を演じ始めた!クリントンが勝てばアメリカ株は上がると思われていたが、実はトランプこそがアメリカ経済の今後の発展の起爆剤だったのだ・・・

前日に1000円もの暴落を見せていた日経平均株価は何と1000円の急騰!しかも、前日の株価を上回る値上がりを見せた。

アメリカのダウやナスダックもグイグイと上昇を見せ、何とダウに関しては史上最高値を更新した。

気が付いたら16000円程度であった日経平均株価だが、何と19500円程度となっている。これは明らかに劇的な値動きであり、私は日本がバブルへの入口へと来たのではと確信している。

私はこの経済の値動きに見事に乗って、手持ちの資産3000万円を投資し何と1億円の利益を手にした。しかし、まだまだ株式の利益確定は考えていない。何故なら、2017年は極めて株式市場が楽観視される事になり、更なる値上がりを演じると確信しているからだ。

ハッキリ言って、今投資をしていない人間は今後「金」の面では「負け犬」の人生を送ることになるだろう。

株価が上がれば物価はあがる。日本銀行は大幅な金融政策を引き続き続ける。これが何を意味しているかと言えば、日本円の価値はどんどん低くなり、それは物価高に直結する。つまり、日本円で貯金するという行為は、資産を減らすという行為になってしまう。

日本円を持っているだけで実は損している状況。この経済メカニズムを理解していない者はバブルに乗る事は出来ないのだ。

少し前にも述べたと思うが、日本では景気が上がると女達がエロ化すると言い続けて来ている。金が世の中に出回れば開放的な女が増えて、エロい女が増えるのは80年代のバブルでも証明されている。

つまり、金を持っていれば女とガンガンセックスできる状況が訪れるのだ。この状況において投資を行っていない男はどうなるのだろうか・・・間違いなく、女達からは見向きもされず負け犬の人生となるのだ。

女とセックスできない人生なんて男としては終わっている。だからこそ私は経済の動向に常に目を向けるべきだと言っているのだ。

バブルに乗り遅れた男の未来は確実に悲惨なものとなる。是非とも世界の経済に興味を持ってもらいたい。それは確実にエロ女との出会いに直結するのだから。

年々ハイリリスクになる出会い系での割り切りや援助交際について

スマホネットユーザーの増加Facebook、Twitter、LINEやカカオトーク、各種スマホゲームアプリなど、スマホが爆発的に普及してから、明らかに人と人とが気軽に繋がることのできるネットコミュニケーション市場は拡大しています。

私の感覚からいいますと、スマホが普及してネットを気軽に利用するようになった人口数はガラケー時代の10倍程度です。

やはり、パケホーダイに加入しなくてはならなかった規制ガチガチのガラケー時代とは比べ物にならないくらいネット環境が整った影響でしょう。

そして、元々のネット出会いサービスの主役であった出会い系サイトや出会い系アプリはある意味で衰退しています。

何故かと言えば、後発組のソーシャルメディアやゲームアプリなどは比較的ピュアで正統派な出会いを楽しむユーザーが多いからです。中には割り切りや援助交際に使われているサービスもありますが、全体の割合から言えば微々たるものです。

逆に出会い系や出会いアプリはカオス状態となっています。普通の恋活や婚活を求める男女は皆無。逆に、割り切りや援助交際を求める男女の巣窟と化しています。

この状況は極めてネガティブに捉えるべき。何故ならば、最近の警察は出会い系での売春行為にかなり厳しいからです。

たしかにソーシャルメディアなどもサイバーポリスは監視対象としていますが、簡単に検挙する人間を確保したければ、割り切りや援助交際の巣窟となっている出会い系や出会いアプリをガサ入れしたほうが効率的ですからね。

また、最近では警察が割り切りや援助交際している女性達を検挙する為にオトリ捜査をしているなんて噂も聞きますから。

更に、巨大ソーシャルメディアなどは海外の巨大資本が運営しているので、警察も割り切りや援助交際などの小さな事件で海外の法人に情報開示することを面倒がって嫌うのでは?とも感じます。

半面、国内運営が殆どの出会い系や出会いアプリなら直ぐにプロバイダから情報を引き出せますから、出会い系で売春や買春する男女を検挙するにはもってこいの環境だと言えます。

このようにリスクが年々高まってる出会い系や出会いアプリの現状。かなり上手く使いこなさないと美味しい出会いが確保しずらくなっていると思います。

最後に言っておきます。現状の出会い系サイトや出会いアプリで割り切りや援助交際するのは極めてハイリスクな行為です。私は絶対にするべきではないと思いますし、これから更に警察による締め付けは厳しくなると予測しています。

平凡な日常生活と退屈な毎日から開放してくれる娯楽の存在

死ぬまで果てしなく続く日常生活。

これは人間であれば誰もが経験する事ですし、殆どの方が平凡で飽きを感じる日常生活を送っていると思います。

そんな平凡でつまらない日常生活ですが、誰もがそんな退屈な生活ばかりに甘んじている訳ではありません。

現代人には娯楽があるからです。

アミューズメント施設やテレビや映画、友達や恋人とのコミュニケーションやデート、飲み会や趣味の世界などなど。

娯楽とは人によって様々ですが、一般的には上記のような事が該当します。

また、男にとっては性欲解消が娯楽となる場合も多いですよね?

キャバクラやガールズバー、ピンサロやヘルスからソープランドなどの風俗まで。特に日本は性サービスが充実していますから男としての娯楽には困りません。

私は退屈でつまらない日常生活があからこそ、これらの娯楽の楽しさや刺激を感じることが出来るのだと実は考えています。

そして、精神的に充実しており幸せを感じるには、日常生活と娯楽との明確な線引きを各個人がする必要があると私は思っています。

楽しさばかりを追い続ければ、確実に精神的な破綻を起こすと思います。

これは金も名誉もある有名人や芸能人、海外セレブが精神的に病んだり時には自殺してしまうことも無関係ではないと思います。

やはり日常生活は平凡に、娯楽は定期的に程ほどにが人間が生きていく上で大切なバランスだと確信しています。

今回は真面目な話になってしまいましたが、我々が常に追い求めるナンパやセフレゲットなども数多くの失敗があるからこそ成功した時の刺激に繋がるのだと思います。

LINEとカカオIDとちらを交換する?出会いのスタイルに合わせて選ぶべき!

LINEやカカオトークなどのメッセージングアプリはスマホ全盛時代となった現代社会においては電子メールに変わる人々の連絡手段の重要なインフラとなりました。

これらのメッセージングアプリは基本的にお互いがIDを交換することにより、友達関係になり無料音声通話やリアルタイムチャットが楽しめます。

恐らく、多くの方が見ず知らずの他人との交流ツールに利用しているというよりは、仲の良い友達やリアルでの知り合いとの連絡手段としてLINEやカカオトークを利用してると思います。

しかし、LINEやカカオトークは出会いのキッカケとしても重要な役割を果たしてくれます。それこそドコモ・AU・ソフトバンクのキャリアメール時代より気軽な連絡先の交換手段としてメッセージングアプリは人々から認識され、結果的にスマホを利用した人々の出会いというのはかなり開けた世界になったと私は確信しています。

2016年現在はID交換が「恋人探し、大人の出会い、セフレ、友達探し、趣味友の繋がり」などありとあらゆる人と人との繋がりのキッカケになる時代です。

その上で皆さんには知っておくべきLINEとカカオトークのID交換の微妙なニュアンスの違いがあります。どちらも同じようなメッセージングアプリであり、どちらも韓国企業が開発したシステムです。

基本的にはリアルタイムチャットと無料音声通話が使えて、どちらも本当に似ているメッセージングアプリなのですが、男と女の出会いという側面で見た場合はLINEとカカオトークのID交換というのは実は使い分ける必要があります。

具体的にはLINEというのは極めてピュアな出会いを目的とする場合に異性と交換するべきです。逆にカカオトークはセックスやエッチな関係を前提としたオスとメスの出会いに強いIDだと認識するべきです。

理由としては日本におけるLINEアプリのシェアが挙げられます。もはや日本人にとってLINEというアプリは国民的なメッセージングアプリとなりました。恐らく、スマホユーザーの9割はLINEをインストールしていますしアクティブ率も100%に近い。

スマホ=LINEという構図が完全に定着しているのです。

このようなツールを利用してエッチな出会いを行うことに抵抗感を持つ男女が多いのです。逆に飲み友達、友達募集、趣味友探しなどなら後ろめたい気持ちが無く出会いを楽しめますからLINEID交換を気軽にしてくれるケースが多い。

しかし、セックスを目的とする男と女の出会いにおいてLINEを使うのは少し抵抗があるという男女が極めて多い。だからこそ、使い分けとしてカカオトークをエッチな出会いのキッカケとしてID交換希望する男女が多いのです。

ですので、皆さんも自分の出会い目的にマッチしたメッセージングアプリのID交換を的確に選び、異性との交流を楽しんでほしいと思います。

チャット系出会いアプリは詐欺アプリだらけ!やるならツーショットダイヤルでしょ!

詐欺系チャット出会い系いや~ドイヒ~ですね・・・何が酷いってLINEやらカカオトークを明らかにパクったような見た目のチャット系の出会い系アプリの数々の運営状況ですよ・・・

ここ最近になってスマホアプリ界隈で人気ランキングにちょいちょいと食い込んで来ているリアルタイムチャット系の出会いアプリの数々の運営が本当に酷い!

一言でいえば、チャット系の出会いアプリの殆どがサクラばかりを起用した詐欺アプリなんですよ。

つまり、出会いアプリでチャットしている相手はイカつい金髪のヤンキー男かもしれないのです。ネカマと化した男とチャットしているかもしれない糞アプリ・・・あなたは利用していたりしませんか?

酷いですよね・・・

確かに騙される気持ちも分かります。LINEやカカオトークのリアルタイムなチャットってのは、中毒性があり妙にハマる。そして、常に誰かとチャットしたくなる代物ですから。

それじゃあ普通の出会いアプリを使えば良いじゃん!と思う方も多いと思いますが、これはこれで悲惨な状況・・・

ガチの出会い系サイトってのは今は援助交際や割り切り出会いの巣窟になってますから、女性との心地良いやり取りなんて不可能なんですよ(汗)

つまり、2016年現在において純粋な彼女探しをしたりセフレを探す場合というのは、チャット系アプリや出会い系サイトってのは絶対に利用するべきではないのです!

しかし、安心してください。

あるんですよ!まだまだ男達の下半身を自然とムクムクさせてくれる出会いの場がね!

それこそが、当サイトで昔から推しているツーショットダイヤル番組なのです。私の感覚から言えば、既にツーショットダイヤルは出会いアプリや出会い系サイトよりも勢いを感じますからね。

そして、現状のツーショットダイヤルには最大のメリットがあります。それは、出会いコミュニティーの世界では奇跡に近いとも言える男女比の逆転です。

つまり、男が少なく女が多い状況!こんなあり得ないことが数年前から当たり前のように放置されているのです。

ツーショットダイヤルを使わない意味が私には理解できません。

偽LINE系の出会いアプリはサクラ満開なので要注意!

最近のスマホ出会いアプリ市場はハッキリ言って闇が多過ぎる。

少し前に「暇トーク」という出会いアプリにおいて未成年少女達による援助交際が激増した時期がある。

もちろん、あっという間にその噂は広がる。暇トークは直ぐに鬼畜援交親父達の狩り場となり、逆に女達は金稼ぎの場として有名になった。

暇トークが有名になり始めてから出会いアプリ業界はかなり類似アプリが増えた。

そして、徐々に正統派な出会える系アプリだけではなく、ガラケー時代に流行ったサクラだらけの詐欺出会いアプリが出始めたから少しタチが悪い。

皆さんには是非とも注意して欲しい。

特にLINEやカカオトークなどのロゴを模倣したような出会いアプリには注意が必要だ。詐欺出会い業界はいかにもスマホ初心者が食い付きそうなコンセプトでアプリを作るので、このようなパクリ的な発想が多い。

これらの詐欺出会いアプリを利用すると恐らく初心者の方にとってはハーレム気分を味わえると思う。

どの女もこちらに対して好意的だし、頻繁に会いたいと言ってくる。しかし、それはサクラが全てやっている事で、いざ会えそうになった所でポイントが尽きて足らなくなったポイントを追加購入させられる。

この繰り返しにより詐欺出会いアプリにハマった男性はサクラのカモとなり永遠に金だけを取られる構図になるのだ。

2016年現在、このようなサクラだらけの詐欺出会いアプリは山のように量産されている。

中にはアップルストアやアンドロイドマーケットのコミュニティーランキングの上位に食い込んでいるものまで出て来ている。

ハッキリ言って、この詐欺出会いアプリの数々は出てきては消え、また作られるの繰り返しで永遠といたちごっこを繰り返すだけだ。

皆さんには、これらの詐欺出会いアプリを見分ける力を付けて欲しい。最初は難しいもしれないが、本物の出会い系サイトとは明らかに女性達の会話が異なるので、慣れてくれば直ぐに見分ける事が出来るだろう。

今抑えておきたいナンパテクニックは「電話・LINE・路上」の3つで決まり!

彼女を作る上でナンパという行為は男にとって25歳くらいを超えてくると極端に成功率が低くなって来る。まず、ナンパするターゲートが女子高生という訳にはいかないのが問題。

最低でも18歳以上でメインターゲットは同世代か少し年下というのが限界だろう。また、自分より年上の女を狙って行けば確実にナンパ成功率は高まるが、同時にリスクも負うことになる。

何故なら、26歳~30歳あたりの女に気軽な恋愛を望んでいる女は皆無であるからだ。付き合った後は確実に「結婚」という2文字を考えなくてはならない。というか、女の方から結婚をチラつかせてくる確立が極めて高い。

ハッキリ言って結婚をチラつかせる女を彼女にするのは極めてリスキーだ。下手すればセックスしただけで結婚を迫ってくる場合もあるし、意図的にコンドームに穴を開けられて気がついたら女が妊娠していたなんてケースもある。

当然、その先には「できちゃった結婚」が待っている。

こんな洒落にならない自体を回避する為にも、ナンパというのは基本的に年下の女を狙うのが無難だと私は思う。まあ、一部のマニアに限っては人妻ナンパしかしないという兵もいるが・・・

では、若い女を効率的にナンパするにはどうすれば良いのか?

私は時代にマッチしたナンパ手法というのをハッキリと把握する事が、年下の女を効率的にナンパできる最大の近道だと思っている。

かなり古い時代になるが、1980年代のバブル時期のナンパと言えば圧倒的に路上ナンパテクニックを身に付けた男が勝者となった。

そして、もう1つ忘れてならないのがテレクラである。男がテレクラ店舗に出向いて女からの電話を待つというシンプルな仕組みだが、当時は携帯電話すらなかった時代だからテレクラは爆発的なブームとなった。

つまり、80~90年代は路上ナンパとテレクラナンパを極めていれば女を入れ食い出来た訳だ。

しかし、2016年現在に路上ナンパとテレクラナンパのスキルが役に立つだろうか?ハッキリ言って路上ナンパは永遠に通用する手法だと言えるだろう。しかし、テレクラに関してはそうはいかない。現状のテレクラ店舗は上記でも「手を出すな」と提案した年上の女ばかりが利用しているサービスだ。

現状のテレクラで若い女をナンパするのはハッキリ言って無理がある。

しかし!実はテレクラナンパスキル自体は今でも通用する場面があるのも事実なのだ。それこそがスマホや携帯電話の電話機能を利用して楽しめるツーショットダイヤルだ。単純に店舗型から非店舗型に変わっただけなのだが女性年齢層に関しては非常に若い子が多く利用している。

だからこそテレクラナンパテクニックは発想を変えてツーショットダイヤルで応用すべきなのだ。

また、LINEやカカオトークなどの無料通話アプリの存在も見逃してはならない。これらのメッセージングツールはID交換というかなり若い女達にとっては気軽に交換しても良いという認識になっている。

なのでナンパの機会があれば必ずLINEやカカオトークID交換を持ち掛けるべきだ。今時のナンパテクニック三種の神器は「電話、LINE、路上」と覚えておいて欲しい。

 

電話からの出会いはブサメン男達にメリットばかり!

当サイトでも度々紹介している電話を利用した出会いコミュニティーであるツーショットダイヤルやテレクラ。

両者はスマホや携帯電話から楽しめる点と店舗に出向いて出会いを楽しむ点の違いはありますが、どちらも基本的には昔からある電話を利用したコミュニケーションサービスである事には変わりありません!

ツーショットダイヤルとテレクラですが、実はある男性達には強烈なメリットになると私は確信しています。

自分自身のルックスをブサメン、もしくはキモメンと感じている方・・・いますよね(笑)

そんな方にこそ実はツーショットダイヤルやテレクラなどの電話コミュニティーサービスは是非とも利用して欲しいと思っています。

理由は極めてシンプルです。電話コミュニティーは女性を口説いている段階であなたの顔が相手には伝わらないからです(笑)お互いに顔も体も見えない状況で出会いをマッチングして行ける!これが電話出会いサービスの魅力でもありメリットなのです。

路上ナンパや合コンなどは前提として相手と対面しなくては相手を口説けませんよね?そんな状況だとあなたはブサメン&キモメンですから、お気に入りの女性は全てイケメンに持って行かれてしまいます。

しかし!ツーショットダイヤルやテレクラなら、そんな不平等な状況は一切ありません!ブサメンでもイケメンでも平等に口説けるのが電話コミュニティーの魅力なのです。

ブサメンやキモメンの皆さん・・・このメリットをどう感じ取りますか?どう考えてもリアルで女の子を口説いている場合では無いですよね(笑)

基本的にこれらの電話コミュニティーは彼女探しというよりは、セフレやその日限りのワンナイトラブを楽しみたいと感じている女性が多いのもある意味でメリットと言えるでしょう。

何故なら、基本的には軽く遊べる女とセックスしつつ、その中でも気に入った女を選別して彼女候補にするなんて楽しみ方もできるからです!別にヤリマン女でも良いですよね?ブサメンやキモメンには女性を選ぶ権利なんて存在しませんからね。

是非とも、ブサメンやキモメンで女に悩んでいる方!是非ともツーショットダイヤルやテレクラを使って本当に平等な出会いを楽しんでみて下さい。