直電話とリアルタイムチャットの意思疎通の違いを意識したい

女の子の扱いが上手い人ってのは基本的にモテます。つまり、彼女を作るのも簡単。女友達も普通に沢山出来ますしコミュ力が高いと言う事になります。では、女性の扱いが上手いってどう言う事だと思いますか?恐らく、きちんと答えられる方はかなり少ないと思います。

何故、きちんと答えられる方が少ないと私が言うのか。それは女の子の扱いと言うのは決してワンパターンでは無く、その人の性格や気質によってかなり細分化されるからです。

つまり答えは複数あります。自分に合った女性の扱い方と言う答えがあるのです。これをきちんと答える方と言うのは、自分を極めて客観的に見る事が出来ており尚且つ自分に合った女性の扱いを実践出来ている人だけです。

今回はその事を踏まえた上で、誰にでも意識さえしていれば出来る上手い女性の扱い方を紹介したいと思います。

テーマはずばり「直電話とチャットの意思疎通の仕方」です。

意思疎通の違い直電話とは電話を使っての会話の事ですね。スマホや携帯電話キャリア間の電話及び、LINEやカカオトークでの無料音声通話がこの「直電話」に該当します。

方やチャットはLINEのリアルタイムチャット、Skypeでの文字チャット、facebookでの文字チャットなど文字を打ち込んで双方向で通信するリアルタイムなチャットの事を指します。

まず両者の決定的な違いを教えます。それは直電話の場合は短くそっけない短時間の会話でも言い方次第で相手に自分の感情込みで物事が伝わります。

しかしLINEやSkypeなどで同じ事をしたら確実に女性から嫌われます。この違い分かりますか?例えばです。

女「今度飲みに行きたいんだけど連れてってくれる?」

男「無理」

この会話を直電話とチャットで同じ様に女性に向けて返信したとします。その際、電話で「無理」と言う時にぶっきらぼうな感じで言えば女性はショックを受けるでしょうが、笑いながらっぽく「無理w」と言ったらどうでしょう?女の子は恐らくガチで無理と言った様には受け取らず、その先になにか会話の続きがあるのかと思い、いきなりはショックを受けたりはしないでしょう。

しかしLINEやSkypeなどの文字チャットで「無理」と書いてしまうと、相手には言い方などのニュアンスは伝わらないので、かなり印象が悪く取られてしまうと思います。せめて「用事があるから無理」とか理由を付けて返信しないと失礼です。

つまり文字チャットでの意思疎通と言うのは楽に見えて実は極めて相手に本意が伝わりにくいタイプの連絡手段なんですね。

この両者の違いを全然理解出来ていない男性が本当に多いんです!最近は合コンや街コンなどで知り合っても直電話番号は交換せずにLINEIDを交換するなんてパターンが多くなっています。その後、無料音声通話を使えば電話と同様な意思疎通が出来ますが、大抵の男女はLINEチャットを利用する傾向が強い。

だからこそ、この両者の意思疎通の違い、ニュアンスの伝わり難さを十分に理解して貰いたいのです。

コメントは受け付けていません。