ネットや電話でセフレを見つけるのは女にとっても当たり前の事になつている

この所の日本中の女達のセックスや性に対する意識が明らかにオーブンになって来たとは思わないだろうか?私はこの流れをエロの精神世界化が進んでいると分析している。

例えば昔と今のテレビ番組を見比べれば明らか。昔は地上波でもドラマやバラエティー内でセックスシーンを頻繁に流していたし、オッパイ露出や下着姿も当たり前の事だった。

それが、今ではテレビは規制の嵐。生なし女のヌードなんて絶対に流さないし、今のテレビから昔のドラマで中山美穂がオッパイ丸出しでパンツ一枚でも演技していたなんて世界は想像も出来ないだろう。

例えれば今地デジの地上波で剛力彩芽がオッパイ丸出しでパン一姿で平気ではしゃいでいる姿が昔は当たり前だったのだ。個人的には非常に見てみたいが(笑)

しかしだ!私は今のテレビはある意味ではかなりエロくなっている気がしているのだ。とにかく映像で映さない代わりに、喋りでエロについて語る番組が増えた気がする。

しかも、そのエロいテーマが妙に生々しくてエグい世界を平気で芸能人が語るので、異様な世界に見えてしまう。特に昔はタブーとされていた女の子のオナニーも今や芸能人がテレビで真面目に女の子のオナニーの大切さについて語っている姿を見ると、確実に昔にはなかった妙なエロスを感じてしまうのだ。

私は、今の女達が肉食化したりヤリマンやビッチと自称してセックス依存する大きな原因なのではないかと感じている。だから、私はエロの精神化が進んでいると表現したのである。

この時代の流れは男にとって、ある意味でのチャンスとも言える。エロの精神化が女達の考え方を、外見やルックスなどから男の性格や優し差にシフトして来たからだ。

特に女の方から男を探す出会い系サイト、ツーショットダイヤル、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアなどは、この女のエロの精神化を上手く利用すればかなり良好な関係をゲット出来ると感じている。

コメントは受け付けていません。